即金高収入で自己破産・債務整理回避するために、サラリーマンが即金かつ高収入の仕事を試行錯誤しながら、紹介していくブログです。おかしな情報にだまされないようにしましょう。

当ブログでは即金高収入情報を現在募集しています。
1ヶ月単位でこのスペースに掲載することが可能です。
お問い合せはこちらから

闇サイトにご注意

ちょっと前に、世間を騒がせていた「闇の職業安定所」をはじめとした闇職の求人サイトが、重点規制対象となるようです。

闇職の求人では
打ち子やサクラ、戸籍ウリや飛ばし携帯作成、
振り込み詐欺のタレント
など
初心者OK、即金高報酬を謳い文句にお金に困っている人を狙っています。

ただこれらはほとんどの場合犯罪です。
それを知らされず、仕事をして捕まり、人生がメチャメチャに
なってる人も多数いるようです。
海外では、薬を運ぶのを依頼されて、ただ運んだだけで
死刑になってしまった方もいますね。

くれぐれもお金に困っても闇職・闇金には関わらないのが
一番です。

もちろん、当サイトで紹介している情報に
違法情報はありませんので、ご安心ください。

以下、産経新聞より抜粋

 インターネット上で犯罪の共犯者を募集する闇サイトなどを取り締まりを強化するため、警視庁は5日、犯罪抑止対策本部に「違法・有害サイト対策専従班」を設置した。同班の捜査員28人のうち21人は、闇サイト対策専門の特命チーム「ネットハンター」として、「闇の職業安定所」などの取り締まりに当たる。

 同本部によると、闇の職業安定所などの闇サイトは、共犯者を簡単に集められるため、犯行の集団化や凶悪化を招くほか、犯罪に加わる意思のない一般の市民が犯罪に手を染めるきっかけにもなる。

 ネットハンターは、共犯者募集行為の疑いがある書き込みを検索。身分を隠して投稿者と連絡を取る“潜入捜査”で検挙を目指す。

 発足式では、池田克彦警視総監が「犯行加担者募集サイトは治安対策上、看過できない大きな問題となっている。都民・国民の要望に的確に応える警察活動を展開してほしい」と訓示。

 同班の花田泰三警視は「都民や国民が安心してインターネットを利用できるよう一致団結して職務に邁進(まいしん)する」と決意を述べた。

トラックバックURL