即金高収入で自己破産・債務整理回避するために、サラリーマンが即金かつ高収入の仕事を試行錯誤しながら、紹介していくブログです。おかしな情報にだまされないようにしましょう。

ビジネス全般

転職するトキの会社選び

週刊東洋経済(2007年4月28日号 138〜143ページ)に、会社選びの専門家3名による座談会『就職してはいけない会社 会社選びのプロに聞く!』が掲載されました。登場している会社選びの専門家は、『若者はなぜ3年で辞めるのか?』の著者である城繁幸氏、現役社員200人に500時間インタビューして『若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか』をまとめた渡邉正裕氏、そして、外資系金融、コンサルティング企業の就職事情に詳しい金武貴氏の3人です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

座談会の中は3氏とも、新卒時に入社した業界、会社によって将来の転職力に大きな差が生まれることを述べています。転職力が身につけられる会社として挙げられているのは、次のようなものです。
――今はやりたいことがないけれど、将来、有利な転職をしたいという学生には、どこを勧めますか?

城 名前のある大企業です。転職のとき受けがいいですから。転職というのは、一般的な日本企業だと、学歴はあまり関係なくて、本人のキャリアと前職の会社のブランドで決まるんですよ。だけど、これまでのキャリアが志望の職種と多少違っていても、前職が大企業だったら潰しが利く。

渡邉 商社はいろんな事業をやっていて、2、3年目に異動があったりもするので、何も決まっていない人にとってはいいのかな。あとはリクルート、IBMなど、若いときから活躍できる会社に入っておけば、その後、何をするにせよいいはず。

――軍隊のような会社と自由な会社、どちらを勧めますか?

渡邉 何も決まっていないなら、野村証券みたいな軍隊会社を勧めます。だって、何も決まっていない人は、やりたいことがないから何もしない可能性がありますから。

あとは、規制業種に行かないほうがいい。マスコミとかに行っちゃうとダメですよね。マスコミの人ってみんな給料もらいすぎ。僕の場合、27歳のときに転職して給料が200万円下がりました。でも、僕はいいほうで、30歳だったらたぶん半分。たとえば講談社やTBSで39歳くらいだと、大体デスクとかで1,800万円ぐらいもらっている。その人たちはその3分の1に給料を落としても雇い手がないんじゃないかな。

――でも、テレビ局はいったん入ったら首にはされませんよね。

城 そういう発想が昭和的なんですよ。要するに、どのレールに乗ったら終点まで行けるかということでしょう。でも、新聞はもうすでに暗雲が立ち込めていますよね。大手出版社だって20年後はわからない。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ソニーは、プロの目から見ても依然として転職に有利に働く会社です。4月2日に経営体制を刷新したライブドア・グループの持ち株会社、「ライブドアホールディングス」の社長に就任する平松庚三氏もソニー出身です。その平松氏が、自著『ボクがライブドアの社長になった理由』の中で、ソニー出身者の結束力の強さを語っています。情報源は、ライブドアの「再生」を陰で支えたソニー人脈です。

企業としてのブランド力に衰えが見られ始めたとしても、産業界に根を張った人脈力ではソニーはまだまだトップ・ブランドと言えるのではないでしょうか? 

↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓


借金ブログランキング


くつろぐ(総合ランク)へGo!



魔法のiらんど、通販大手ニッセンとドロップシッピングで提携

魔法のiらんどは4月25日、通販大手のニッセンと提携し、モバイルコミュニティサービス「魔法のiらんど」(http://maho.jp/)において、ニッセンのECサイト「BRANDELI(ブランデリ)」で販売されている商品の取り扱いを開始すると発表した。

ドロップシッピングは最近注目されてきていますね。
さてドロップシッピングとは、
アフリエイトとは根本的に違う点があります。
それは
1. 自分で商品の値段をつけられる
2. 自分のオリジナルの商品を在庫リスクなしで作れる
という点です。
商品を選び、自分で価格をつけて利益率を変えられる。
普通の小売と似ていますが
在庫を持つ必要がないため売れたら売れた分だけの利益を得られ
売れなくても出費がないという点
時代の流れにあわせて商品選び・価格設定が可能な点
がとても強みになっています。

といっても完全にリスクが無いわけではありません。
ドロップシッピングの場合
・商品のお問い合わせの対応をしなければならない場合がある。
・返品分は買いとらなければいけない場合がある。
・購入者の個人情報が得られない場合がある。

これについては、ドロップシッピングASPにより異なりますが
とりあえず始める前には登録先ASPのルールや規約を必ず確認しましょう。


↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓


借金ブログランキング


くつろぐ(総合ランク)へGo!


需要と供給

先日、「コンセプト」について書きましたが
どんなによいコンセプトを持っていても
ビジネスが成功するとは限りません。
それはなぜか。

ビジネスというのは需要と供給のバランスで成り立っています。
どんなにいいものを作っても「需要」がなければ売れませんし、
こればかりはいくらコンセプトがしっかりしてても駄目です。


需要がありコンセプトがしっかりしたサービスは必ず売れます。


ようするに、需要のあるコンセプトのサービスを作る必要があります。
それには、マーケティングリサーチが欠かせません。

マーケティングリサーチとは
商品・サービスの売り上げから利潤をあげるために、消費者の動向・嗜好を調査・分析をすること

重要なのは消費者だということです。

私が会社で新企画について会議するときでも
口癖のようにいうのは
「それは消費者が本当に求めてるものなの?」
要は需要があるものなの?ということです。

私は今まで、中小企業から大企業まで4社経験していますが
消費者の顔が見えていないサービスは多いです。
企業の独りよがり、自己満足で成り立ってるサービス

それじゃ駄目なんです。
消費者が常に何を求めてるかを把握し、
それに対してその消費者がどれだけ対価を支払うか
を必ず意識する必要があります。

需要に対して供給してあげるという姿勢
それがいい企業・いいサービスを作るのではないでしょうか?


何度もいいますが

需要がありコンセプトがしっかりしたサービスは必ず売れます。

まず消費者(ターゲットユーザー)を意識し
その人らがどんなものを求めているか
嫌っていうほど調査してみましょう。
売れないサービスをやみくもにやっても資金の無駄です。
これはリアルのビジネス、ネットビジネス両方に言えることだと
私は考えます。

「ターゲットユーザは○○でこの人たちは「○○○」を求めているので
 ○○○○○を提供するサービスを始めます」

これは必要最低限です。

↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓


借金ブログランキング


くつろぐ(総合ランク)へGo!





コンセプト

コンセプト・・・訳すると基本概念
よく耳にする言葉であり、すごく大切な言葉

コンセプトの無い企画、コンセプトの無いサービスは
成功する可能性が極めて低い
他人の企画をプレゼンされたとき
よく思うことがあります。
自分で企画したのにもかかわらず
プレゼンした本人がコンセプトを理解できていない
だから一所懸命プレゼンしても方向性がみえてこない
どこに向かっているのかがわからない。
これを読んでいるあなたにも経験があるのではないでしょうか?

このブログのコンセプトは
「借金返済」
「即金高収入」
明確化するためにタイトルにも使っています。

コンサルタント的な考え方をするときに
例えば
何かの売上を2倍にしたいと考えたとき
コンセプトを明確化、差別化することによって
解決するという方法があります。
その商品が一般的なものであれば、
高級感というコンセプトを持ちそれを売りにする
その商品が高額なものであれば
低価格で品質がよいというコンセプトを持ちそれを売りとする。

コンセプトで差別化して
他のモノよりも目立たせる、消費者を引きつける。
それによって売上が上昇する場合も多々あるようです。
あなたの提供するサービスはコンセプトが明確になっていますか?


↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓


借金ブログランキング


くつろぐ(総合ランク)へGo!