即金高収入で自己破産・債務整理回避するために、サラリーマンが即金かつ高収入の仕事を試行錯誤しながら、紹介していくブログです。おかしな情報にだまされないようにしましょう。

要注意情報

【緊急詐欺情報】インド式アフィリエイトは購入しないでください

「ついに日本上陸!インド式アフィリエイト 万が一これで稼げなかったら。
完全返金保障+5万円差し上げます。」

の被害報告が殺到しています。

典型的な詐欺商材なのでASPで購入した場合、ASPに通知を出すことで契約を
無効とし、ASPから返金を受けられます。

まず、購入しないで下さい。

万が一購入してしまった場合は、契約無効の通知をASPに申し立てて下さい。


9月14日金曜日の夜から15日深夜にかけて、

11件もの購入者からの被害報告が届いています。


商材の内容は要約すれば、


1.クリック報酬型のアフィリエイトに申し込む

2.アクセス増サイトのトラフィックエクスチェンジに申し込む

3.IPアドレスが自動で変換される仕組みを組む

4.クリックソフトでひたすら自分のアフィリエイトリンクをクリックする

以上です。


1クリック1円などの報酬型のアフィリエイトは、

通常、同一のIPアドレスからのクリックは報酬にカウントされません。

そこで、IPアドレスが変換される仕組みを作る。

また、自分で500回アクセスをして、500回のクリックをしたりすると、

クリック率があまりにも高すぎるので、アフィリエイトのASPに不正が
ばれてしまいます。

そこで、相手のサイトを見ることで、
自分のサイトを見てもらえるという仕組みのトラフィックエクスチェンジを使い、

1日5,000などの見た目のアクセスを増やし、
500回自分でクリックしても、クリック率が10%になるので、
不正がばれなくなる。

こういった非常に悪質な手法です。


また、商材のPDFの1ページ目に、

■免責事項として、

「本書に関しては、いかなる誤り・不正確・不作為に対して著者、は一切責任を
負うものではありません。本書の著者は、全ての読者の利益を保証するものでは
ありません。本書を利用したあらゆる損害に対して、著者はいかなる責任を負う
ものではありません。本書を利用したあらゆる行為は、購入者の自己責任におい
てすべてを行うものとします。本書内で紹介されているリンク、またはソフトな
どとは一切関係がありません。使用に関してはすべてお客様の責任にて使用する
事とし、またそれらに関するお問い合わせにも対応できませんので、あらかじめ
ご了承ください。」

■注意事項として、

「本書はインドのシステムエンジニアから伝え聞いた手法を紹介しているにすぎ
ません。日本国の法律で禁止されている行為、またアフィリエイト・サービス・
プロバイダ各社様にて禁止されている行為があった場合、一切これを行わないで
ください。実行した事によるいかなる損害・不利益もお客様の自己責任によるも
のであり、著者は一切の責任を負うものではありません。」

以上が記述されています。


購入と同時に「やられた」と落胆するパターン。

ノウハウの詳細は上記のとおりであり、要するに不正クリックをして業者から
金をせしめ取れ、という他愛の無い、しかし立派な犯罪。

販売サイト及び特商法法定表示にも「完全返金保障+5万円保障」
をうたいながらPDFでは「利益を保証しない」「問い合わせには対応しない」とし、

文中いずれにも返金保障や5万円保障の話は出てこない。

これは例えて言えば、

「強盗をすれば儲かります。しかし、違法行為を行っても責任は取りませんよ」

というノウハウ書を「完全返金+5万円保障」で売るという荒唐無稽なもの。

ちなみにインドとノウハウは何の関係もない、ただのネーミング。


これは特定商取引法第12条(誇大広告)違反、

消費者契約法第4条(不利益事実の不告知・不実告知)に違反するだけではなく、

被害届が受理されれば、刑法246条詐欺罪(懲役10年以下の刑)で

十分逮捕・起訴される商材である。


詐欺罪の構成要件は「故意による」ということである。


このセールスレターと商品内容、

及び販売者の対応という現実は「故意犯」の立証に足りている。


仮にセールスレター上の銀行の明細書の数字が改竄されていれば

刑法159条私文書偽造(3月以上5年以下の刑)にも問われ、

かりにいわゆる「見せ金」として短期間のみ入金されたものであれば、

顧客を騙す為の小細工として詐欺罪の「故意性」立証が鉄板になる。


まず、こういう悪党は摘発されるべきであるが、購入者の被害回復が最優先である。

ASP経由で購入した方は、ASPに契約の無効を申し立てることで解決します。

大手ASPは、このあたりの対応に非常に力を入れているのでご対応いただくに
足りる内容と思われます。


以下文例を示しますので、参考に。本書面で解決する保障はありませんが、

少しでも、こういった被害を減らしたいと思いますので、文面を作成しました。


よい結果が出ればご連絡いただけると幸いです。

また、解約の出来ない被害者多数の場合は、集団訴訟・告発のアレンジも
検討しますので、正否問わずご連絡いただければと思います。


○○ASP
代表取締役 殿

           契約無効及び返金依頼通知

冠省、私は貴社決済サイト○○にて○月○日○時○分にて商品名「インド式アフィリエ
イト」(販売者:河野竜三 大阪府高石市東羽衣3−10−4)を39,800円にて購入
(○○カードにて決済)した山田太郎(住所・電話・取引IDなど)と申します。

当該商品は販売サイト上、「アフィリエイトを専門職にしようとお考えの方」などとア
フィリエイトビジネスのノウハウ書の購入を勧誘し、「全額返金保障がついているので
金銭的リスクはゼロです」「マニュアル内手順1〜8を実践してから1ヶ月で万が一5
0万円以上稼げない方が出ましたら購入代金を返金させていただきさらに50000円
を贈呈させていただきます」という契約条件を提示し(その事実は特定商取引法の法定
表示にも記されているところです)また、期間無制限メールサポートの特典が付けられ、
「どんな些細な質問でもメールサポートさせていただきます」との契約条件が勧誘文言
として記されておりますが、実際には法律に反する不正クリックを行って企業から金員
を搾取するノウハウの紹介であり、その実行可能性は無く、これらの犯罪収益の獲得が
ノウハウであるという消費者の不利益事実は当方へは一切告知されておらず(消費者契
約法4条違反)、このような犯罪収益を前提とした返金制度などは公序良俗に反する契
約(民法第95条)であり、また、マニュアルには「お問い合わせにも対応できません」
など契約事実と異なることが商品購入後に判明いたしました。総体的には故意的な詐欺
(刑法246条)に問われる事案と思量されますが、まずは消費者契約法及び民法90
条、95条により契約を無効とさせていただきますので、その旨ご了解頂き、当方への
速やかな返金手続きをお願いしたく存じます。

返金先 ○○銀行○○支店 名義 ○○

返金時期をお知らせ下さい。 
                                     草々

                               平成○年○月○日
                         通知人       山田太郎
                       通知人住所
                        電話番号
                     メールアドレス


基本的に当ブログでは詐欺商材は紹介できませんので・・・
というかそんなのにお金使ってる余裕ないんですよ?

対面占いもついて、確実に稼ぎましょう。今なら初回限定特典付!
これなら安心できます。もうすぐ初回特典が終了予定。
最強のマニュアル、【下流難民の逆襲】ど素人がインターネットビジネスで日本一になる!貴方だけの顧問占い師サービス!サイバー★フォーチュン【ゴールド会員】

サイバー★フォーチュン【ゴールド会員】



スペシャル特典

「コピーライティング術とアフィリエイトの神様音声対談集」

が当ブログ経由の購入者への特典となります

購入時に特典の詳細が表示されます

どうしても急なお金が必要。でも借り入れ満タン。

どうしても急なお金が必要。でも借り入れ満タン。の方に・・・

よく
「即日融資」
「他社で断られた方も・・・」
「超低金利で・・・」
といった広告を目にしますが
こういったもののほとんどは闇金、もしくは紹介屋という
違法な業者がほとんどです。

・闇金
もうこれはおなじみですが
国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、または、その業務を指す。さらに、貸金業の登録をしているものの違法な高金利を取る業者の事を指します。
基本的に暴力団が経営していたりして、誰にでも貸すという名目で
高額な金利を要求します。
もともと返済能力のない人にも貸し付けたりするために、
返済に遅れる→利息が増える→利息分しか返せない→利息分も返せない→脅迫まがいの取立てにあう
の流れで生活もめちゃくちゃにされたりするパターンが多いようです。

・紹介屋
こちらは実体験があるので紹介します。
大抵は「低金利2%」などをうたってる場合がほとんどです。
電話して、他社に断られ続けているという事を話すと
「うちでも難しい、国のデータで貸し出し禁止になっています。」
とまず断られる。
その後絶妙なタイミングで
「ちゃんと返済はできますか?お金の使い道はなんですか?
もし、しっかりとお約束いただけるのであれば、上司に相談してきてあげましょうか?ただし、新たに借り入れを増やす事は出来ないので、おまとめであれば、何とか掛け合ってみますよ。どうします?」

とりあえずお願いして、また5分後電話しますといわれる。
それで5分後、
「何とか融資可能だという回答をもらいましたよ。ただ、現状では融資
することが出来ないので、身分証の確認と、しっかり返済できるかどう
かの確認をさせていただきたいです。今回は特別融資になります。確認
方法の確認と、書類の作成をするので、また5分後に電話下さい」

そしてさらに5分後
「確認の方法なのだが、今回は特別融資なので、直接当社の窓口に来て
もらわないとダメだと言われたが、今から来るとなると時間的にも金銭
的にも難しいですよね?
そこで、当社の役員さんに事情を話したら、しっかりと手続き出来るの
であれば、あなたの家の近所の金融機関の窓口を使って手続きしてもイ
イと言ってくれましたよ。よかったですね。
時間は明日の○○時、○○駅に来てください。別に誰かと待ち合わせす
るわけではないので心配はありません。では明日、駅に着いたら電話く
ださい。」

翌日、約束の時間に電話がきます。
「それでは、今から手続きをしますけど、今日は他の金融機関の窓口を
借りて、身分証の確認と、新たな融資枠の設定をするだけです。今日融
資を受けるわけではないので勘違いしないようにしてください。
今日窓口を貸してくれるのは、大手消費者金融の○○。そこで、新
規の申し込みとして行って下さい。先方と当社のコンピュータをつない
で身分証の確認をします。
そのときに、現金が出てきちゃうけど、あなたの借り入れにはならない
から安心してください。そのお金は後ほど当社規定の方法で返金するか
ら、使ったり、無くしたりしないように。
手続きが終わったらすぐに電話をしてください。」

ここでは審査の緩い金融機関の窓口を紹介してくれます。
ちなみにこれは「借りた本人の借り入れ」にしっかりなります。
コンピュータをつないでるわけがありませんし
もっともらしいことをいって、審査の通りやすい金融機関の窓口の
紹介をして借り入れさせるだけです。

ちなみに私はここでやめましたが
その後の展開を書くと
その後、その借り入れたお金の一部を返済実績をつくるとかの
口実で数回口座に振り込ませられます。
また、
「国の決まりですぐには融資できないので
3ヵ月後の何月何日にあなたに融資します。
それまでは今手元にあるお金をしっかり管理して
○回口座に振り込んでください」
この後は言わずともわかると思いますが
3ヵ月後に融資が行われるはずもなく
その業者に電話をかけても「おかけになった電話番号は・・・」
となるわけですね。

結局借り入れが増えるという悲しい結末だったりするわけです。

重要なのは
銀行より低金利は存在しません。
借りるときは大手から、
借りられないときはあきらめて働くこと。
それか債務整理を考える事も必要だと思います。
借金のための借金をしない
借金返済が出来なくなった時点で破綻しています。
毎月の収入>毎月の借金返済
これを越えた時点で基本的に破綻してると思いましょう。
毎月の収入+借り入れ>毎月の借金返済
でまわってると思ってる方、状況は悪化していますよ

くれぐれも甘い言葉に惑わされないように


↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓


借金ブログランキング


くつろぐ(総合ランク)へGo!


白ロムバイトについて

以前、闇職についてでも書きましたが、白ロムバイトについて少し詳しく書きたいと思います。

そもそも白ロムとは
携帯電話やPHSの端末で、回線契約がされておらず、電話番号が記録されていないもの
のことを言います。携帯を解約すると携帯電話本体だけ戻ってきますよね?
それが白ロムの状態です。
白ロムはオークション等で定価より高く売買されることから
新規契約などで低価格で携帯を買い、解約して
白ロムを作って販売してる、業者などがいます。

白ロムのバイトとは、その白ロム作りを手助けするバイトです。
基本的に白ロム業者から携帯を契約するお金を受け取り
契約し、それを解約して白ロム業者に渡す。
それを繰り返し、10台、20台と作っていくわけです。
1台大体3万で業者が買い取るために
1日で高額な収入を得られるのも人気の特徴です。

ただ即解約を繰り返すと、携帯会社特有のブラックリストに載って
新規契約が出来なくなったりします。
それを避けるために、実はある方法が使われているわけですが
あまり明言する事はできませんが
違法行為にあたります。
刑法上の法と民法上の法の両方に触れてしまいます。
といってもあまり認知されていないため、
難しい方法ではないために
リスクは無いと業者は説明しますが
基本的には違法行為を行って何台も携帯電話を作る事になります。
でないとブラックリストに載ってしまいますから。

1,2台であれば何の問題も無く作れるんですけどね(^^;


↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓


借金ブログランキング


くつろぐ(総合ランク)へGo!

闇職について

この世の中には表のお仕事、裏のお仕事という不思議な分類があります。
裏の仕事・・・俗に言う闇職というもので、
有名なものには以下のものがあるようです。
口座売買
個人の口座を高値で買取り・売却のお仕事です。
基本的に売られた口座は詐欺や、隠し口座といった犯罪に
使用される可能性が高く、以下の法律に抵触する恐れがあります。

、「預金口座等の不正利用防止法(金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律の一部を改正する法律)」
1.次のような者は、50万円以下の罰金に処せられます。

(1)他人になりすまして預貯金契約に係る役務の提供を受ける等の目的で、預貯金通帳等を譲受け等した者。

(2)相手方に(1)の目的があることを知って、(1)の者に預貯金通帳等を譲渡し等した者。

(3)通常の商取引又は金融取引その他の正当な理由ないのに、有償で、預貯金通帳等を譲受け等、又は譲渡し等した者。

2.業として1の罪に当たる行為をした者は、2年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処せられ、又はこれを併科されます。

3.1の行為をするよう、人を勧誘し、又は広告その他これに類似する方法により人を誘引した者は、50万円以下の罰金に処せられます。


縁組
養子縁組した後、銀行や国民金融公庫、保証協会からお金をかり、
再び籍を戻して、踏み倒す。
大体養子縁組する相手はホームレスや多重債務者リストや夜逃げした人の自宅に残された証明書をてがかりに養子縁組します。
これは普通に詐欺ですね。また役所に提出する書類に関しても
有印私文書偽造などにあたるので注意が必要です。
これをすると以下の法律に抵触する恐れがあります。

他人名義の養子縁組届一通の偽造は「有印私文書偽造罪」
それを区役所に提出する行為は、「有印私文書行使罪」
同時に、これによって、戸籍に虚偽の養子縁組を記載させるのは「電磁的公正証書原本不実記録罪」
キャッシングカードの交付を受ける行為は「詐欺罪」
キャッシングカードを使って現金自動入出金機から現金を引出す行為は「窃盗罪」

名義貸し
クレジットが契約等ができない人の代わりに自分の名前を貸してクレジット契約等する。携帯や不動産、近頃はいろいろな分野で行われてるようですが
名義を貸すかわりにお金をもらうという形ですが
名前を貸すということは、契約者になるということです。
借金や代金は、とうぜん名義を貸した人(契約者)が
支払わなければなりません。
「名前を貸しただけ」という言い訳はききませんし、
契約者の名前を名義貸しの依頼者に変えるなどということはできません。
支払いが滞ると、名義を貸した人が厳しい請求を受け、
場合によってはブラックリストに載ることになります。
名義貸し自体法律違反ですし、騙される可能性が高いので
絶対にやめましょう。目先の利益よりも後先の事を良く考えて。

役者
振り込め詐欺・オレオレ詐欺に出てくる登場人物をやることですね。
基本的に台本があってそれを読むだけのようですが
普通に犯罪の片棒を担ぐ事になるので
絶対にしてはいけません。

保証人詐欺
低金利・即融資などの話を持ちかけ
審査の甘い金融で契約させお金を借りさせて
その一部をまず振り込ませ
数ヵ月後に振り込んだ金額と○○万円を融資しますというもの
もちろん、数ヵ月後にはとんずらし連絡が取れない状態
別名「紹介屋」と呼ばれる類ですね。
一番低金利なのは銀行です。
それより低い金利をうたっている業者には特に注意しましょう。

白ロム屋
これは違法ではありませんが
携帯ショップにいって自分の名義で契約・即解約をして
番号の入っていない携帯(白ロム)を作る事です。
基本的に携帯台数に応じて報酬をもらえますが
最近のキャリア(Docomo・AU・ソフトバンク)は
これを繰り返すと内部のブラックリストに記録され
新規契約が出来なくなる場合があります。
それ以外のデメリットはありませんが
新規契約を考えない人なら・・・あり?なんでしょうか。

とまあ闇職に関連した仕事を書きましたが
お金に困っても、上記のようなもの・怪しい仕事には
絶対に手を出さないようにしましょう。
人生が壊れます。

↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓


借金ブログランキング


くつろぐ(総合ランク)へGo!

今朝書きました要注意情報商材

思ったより反響があってびっくりしました。
というか結構有名な商材だったのですね。
要注意情報商材として・・・(;´Д`)

商品名はInfotopで販売されている
「【まっ金●】           値上げ第○弾スタート」
(http://zakuzaku-kasegu.com/)(あえてリンクは貼りません)
というものです。
第○弾というのは日ごとに数百円レベルで値上げがされている模様
集まった情報によりますと
・特定商取引の表示が不当(住所が不完全)
(http://zakuzaku-kasegu.com/law.html)(あえてリンクは貼りません)
なぜか住所が画像ですが・・・
 東京都港区芝浦3‐2-16 田町イースト ・・・10Fまであるようですが
 1〜7階はオフィスビル(博報堂様が入っています)
 8〜10階は住居区、何階のどこなんでしょうね? 

 特定商取引法によると
「住所」については、個人事業者、法人いずれにおいても、
 現に活動している住所(法人の場合は通常は登記簿上の住所と同じと
 考えられる)を正確に記載する必要があります。

・以前に1月1日に振り込まれたという画像が表示されていた。
 (1月1日には振り込まれることはありませんね、元日ですから)
・販売者、運営者の名前がころころ変わる。
・ツールが使い物にならない(これはこちらでも確認しています)
・ツールが独自開発ではなく拾い物(これはこちらでも確認しています)

まあ、現在Infotopでは2位のようですが
要するにセールスレターの書き方はうまいんですかね。
ただ違法・捏造行為はいけない・・・

アフリエイターの方もそれがどんな商材か
ちゃんと買ってみて紹介するのがいいかと思いますが
稼げるならなんでもいいんですかね・・・

苦悩は続きます。