即金高収入で自己破産・債務整理回避するために、サラリーマンが即金かつ高収入の仕事を試行錯誤しながら、紹介していくブログです。おかしな情報にだまされないようにしましょう。

多重債務

多重債務と自殺

「借金を苦にした自殺」
よく聞く言葉ですが、
実際のところ
経済・生活苦を理由に自殺した方の数は
交通事故で亡くなられた方の数を
平成15年ころから上回ってるようです。
(日本弁護士連合会調べ 参考資料→PDFの資料です。)

私は正直のところ、
返せなかったら自殺するしかないな
と考えたことがあります。

債務者が自殺した場合、
相続者に負の遺産が相続されるとなるわけですが
相続者はそれを相続放棄できるから
結果的に誰にも迷惑をかけない
という構図が成り立つわけです。

確かに債務者の負の遺産を相続放棄できますが
私としては「借りたものは返す」がモットーなので
自殺してちゃらにする理論は反対です。
といってもまっとうに頑張って働いても返せない額であれば
自己破産や債務整理の手続きをとるのもありかなとは思っています。
もしほんとにどうにもならなくて自殺を考える状況になったら
まずは専門家に相談することを強くオススメします。

ただ弁護士にも悪徳な弁護士がいる場合がありますから
日弁連やお近くの地元の弁護士会に問い合わせ、
借金関係に強い弁護士を紹介してもらうことと、
お願いするときに報酬や自分の希望を
事前にきちっと確かめておくことが重要であるといいます。

悪徳な弁護士等についてはまた後日詳しく書きたいと思います。

自殺する前に怖がらずに考えよう
現状分析とこれからのことを。
生きているうちは選択肢は無限大です。
私は、
「生きて債務整理や自己破産をせずに頑張って働いて返す」
を選択したわけです。
この選択肢が必ずしも正しいとはいいきれないのかもしれませんが
自分にとって自分の選択、自分が選んだ道なので
誰のせいにも出来ませんし、有言実行あるのみです。
苦しいときこそ強い心を持ってみましょう。
なかなか難しいのかもしれませんが・・・
どうしても返済が無理という場合でも、専門家に相談する勇気を


↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓


借金ブログランキング


くつろぐ(総合ランク)へGo!


現在の多重債務情況 3月10日現在

先日、借金の経緯を書きましたが、
現在の状況はというと

    借入元

残高総額(万円)

月々の支払い額(円) 属性 金利
1 アットローン 200 30000 15
2 モビット 200 30000 15
3 イオンカード 100 50000 12
4 JCB 100 50000 18
5 NICOS 100 20000 15
6 三井住友銀行 80 15000 12
7 プロミス 50 10000 25
8 キャッシュワン 50 10000 18
9 VISA 30 5000 13.20
10 三井住友VISA 30 5000 13.20
11 セゾン 20 9000 12
12 マイベスト 20 10000 18
13 セゾンファンデックス 20 4000 14.6
総計 1000 248000
属性はキ=キャッシング枠利用 シ=ショッピング枠利用

と計13社1000万の借り入れ、月々の支払いが248000円と
悲惨な現状が見えてきています。
立派な多重債務者ですね。
金利を見てみると
プロミスさんは利息制限法のグレーゾーンの25%となっているので
近い将来見直しが入るかもですね。
その他は、ショッピング枠の現金化を併用して
低金利?で借り入れることができました。

またリボ払い返済で最低限まで支払額を落としています。
といってもこれだけ借り入れてると、
不定期的な見直しで
枠が下げられる
(返済しても借り入れ枠が増えない)
状況になることでしょう。
金利が平均18%としても
年間で180万の利息がかかっている計算となりますし。
それはそれで返済専用と割り切って
コツコツ返していかなければなと思っています。
(時たまかかってくるカード会社からの電話の口調が怖いんですよね・・・)

 

↓↓↓よろしければ応援お願いしますm(_ _"m)>↓↓↓

借金ブログランキング

くつろぐ(総合ランク)へGo!