今巷で話題の「ミシュランガイド」
 フランスのタイヤメーカーであるミシュランが、タイヤの消費(減り)を促すために、ドライブマップを作成したのが始まり。
フランスの「美食の聖典」といわれる「ミシュランガイド」東京版。
ガイドは、各店舗を見開き2ページずつ、写真と短い文章で淡々と紹介したもの。写真・紹介文とも飾り気のない、典型的なレストランガイドのそれだ。敢えて言えば、読者の予算は問わず、ミシュランの調査員が食べる価値ありと評価した店を選択したという雰囲気が漂っている。

【星の数の基準】
一つ星 - そのカテゴリーで特に美味しい料理を提供するレストラン。
二つ星 - 極めて美味な料理であり、遠回りしてでも訪れる価値がある。
三つ星 - 卓越した料理を供する。それを味わうために訪れる事自体が旅の目的になり得る。

 3つ星は8店。
 2つ星は25店。
 星付きレストランは全部で150店。

 発行元のミシュランの同ガイド総責任者、ジャンリュック・ナレ氏は「日本は世界で最も星つきレストランの多い国になりました」と話したとのこと。


■「ミシュランガイド」東京版に選ばれた店

【3つ星★★★】
かんだ(日本料理)
http://www.zooom.jp/selection/detail.do?id=84

カンテサンス(フランス料理)
http://www.quintessence.jp/(公式)

小十(日本料理)
http://www.kojyu.jp/(公式)

ジョエル・ロブション(フランス料理)
http://www.robuchon.jp(公式)

すきや橋次郎(すし)
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000635542.html

鮨水谷(すし)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13016524/

濱田家(日本料理)
http://www.hamadaya.info(公式)

ロオジエ(フランス料理)
http://www.shiseido.co.jp/losier(公式)

【2つ星★★】
石かわ(日本料理)
一文字(日本料理)
臼杵ふぐ山田屋(ふぐ)
えさき(日本料理)
エメ・ヴィベール(フランス料理)
菊の井(日本料理)
キュイジーヌ[s]ミシェルトロワグロ(フランス料理)
湖月(日本料理)
さわ田(すし)
サンパウ(スペイン料理)
鮨かねさか(すし)
醍醐(日本料理)
拓(すし)
つきじ植むら(日本料理)
つきじやまもと(ふぐ)
トゥエンティワン(フランス料理)
ピエール・ガニェール(フランス料理)
菱沼(日本料理)
福田家(日本料理)
ラトリエドゥジョエル・ロブション(フランス料理)
リストランテASO(イタリア料理)
龍吟(日本料理)
ル・マンジュ・トゥー(フランス料理)
窅家菜(中華料理)
和幸(日本料理)